大阪市中央区 谷町九丁目 精神科・心療内科・内科

  • 2021年4月号 ホームページ抜粋版
    【発行】ピアチェーレ編集部
  • ~ 日本で愛される「さくら」  ~



  •  日本において春にかかせないのが桜。
     桜は平安時代から日本人に愛されてきました。その理由のひとつは「桜」の名前の由来にあります。
     「さ」は田んぼの神様、「くら」は神様の座られる「御座(みくら)」を意味し、この語源にちなみ
    人びとは桜の下で五穀豊穣のお祈りをしたといいます。そのため、桜は田畑の周りでは多く植えられ、
    神のいる場所として特別に愛されるようになったそうです。
     「お花見」が広まったのは、江戸時代に徳川吉宗が桜の植樹を推進したためといわれています。
     そこには2つの狙いがありました。1つめは、緩んだ土手の決壊を防ぐために、川沿いに桜を植えて
    花見客に地面を踏み固めさせ、土手を強固にする目的。2つ目は治安、治水、そして世の中や江戸幕府に
    対する不満をもつ人々に、お花見を楽しむことでガス抜きをさせることでした。

     いつもの道でふと立ち止まり、桜を見上げながら、心和むひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。


  • お問い合わせ

  • 医療法人大峯会
     
    高山診療所

    〒542-0012 大阪市中央区谷町9-3-11 東谷町ビル2階

    TEL(06)6764-0515
    診療時間:月・水・木・土  

    火・金
    午前9時~午後12時、午後1時〜午後5時
    (受付は2時まで)
    午前9時~午後12時、午後1時〜午後8時
    診療科 :精神科・心療内科・内科
    休診日 :日曜・祝日・7月3日(開院記念日)